クレジットカード国際ブランドの種類

7a3312347af2843ba398140b0f716ca6_m

クレジットカードには、必ず国際ブランドが付帯しています。
この国際ブランドがあるおかげで、世界中どこでも使うことができるわけです。

国際ブランドには、5つの種類があります。
VISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレス、ダイナースの5種類です。
銀聯とディスカバーも国際ブランドに含まれていますが、日本ではポピュラーではありません。
ディスカバーにいたっては日本では発行されておらず、国際ブランドは5種類を覚えておけば良いでしょう。

・加盟店が多い種類
世界で加盟店が最も多いのはVISAです。
国内だけでなく海外に行く人は、VISAのクレジットカードは必須となるでしょう。
VISAブランドがあれば、どこでも使えるとも言えます。
次に加盟店が多いのは、マスターカードです。
VISAとマスターカードがあれば最強です。

日本で加盟店が多い国際ブランドの種類は、JCBになります。
その理由はJCBは日本で生まれた国際ブランドだからです。
クレジットカードはJCBのみ使えるという店舗もあるようなので、国内で使うなら持っておきたい国際ブランドの種類です。

・ステータスが高い種類
ステータスを重視するのであれば、アメックスかダイナースクラブがおすすめです。
富裕層向けに発行されているクレジットカードブランドなので、持っていればお金に余裕がある人、社会的地位が高い人との印象を与えることができます。

・審査に通りやすい種類
国際ブランドにより審査の甘さを判断するのは難しいです。
発行元により判断をするのが良いでしょう。
ただダイナースクラブは、審査が厳しい国際ブランドです。
ダイナースクラブは提携クレジットカードがなく、プロパーのみとなります。
発行されている種類も少なく、審査は厳しめです。

・海外に持って行きたい種類
加盟店が多さを重視するなら、VISAとマスターカードです。
しかし意外と海外で活躍するのが、JCBだったりします。
JCBのクレジットカードは、海外にあるJCBプラザを利用することができます。
JCBプラザでは観光案内やホテルの手配などの相談をすることができます。
すべて日本語対応なので、日本語しかできない人でも安心。
JCBブランドが付帯していれば、プロパーでも提携クレジットカードでも利用することができます。

・発行枚数が多い種類
5種類の中では、VISAが一番発行されているようです。
ただ現在は銀聯が非常に発行枚数を増やしているということです。