ゴールドクレジットカードの種類

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa_m

一般的な種類となるクラシックカードのワンランク上となるのが、ゴールドカードです。
券面はその名の通りゴールドとなり、見るからに高級そうな雰囲気を醸し出しています。

ゴールドカードの中にも、いくつかの種類があります。
大きく分けると一般ゴールドカード、低年会費ゴールドカード、ヤング向けゴールドカードとなります。

ゴールドカードの特徴

・審査はやや厳しい
昔は30代以上で年収500万円以上でなければ発行できないと言われていたクレジットカードです。
今は昔ほどではありませんが、一般的な種類のクレジットカードよりは審査が厳しくなります。
パートやアルバイト、学生などでは発行するのが難しく、ある程度年収や地位がある人向けのクレジットカードとなります。
ただヤング向けゴールドカードや低年会費ゴールドカードは、一般のクレジットカードと同じような審査基準とも言われています。
それほど審査通過が難しいということはなさそうです。

・年会費が高い
一般ゴールドの年会費は1万円程度となります。
クラシックカードに比べると、年会費の負担は大きくなってしまいます。
しかし低年会費ゴールドカードやヤング向けゴールドカードだと、2,000円~5,000円程度の年会費で発行することができます。

・付帯サービスが充実している
ゴールドカードクラスになると、海外旅行保険、国内旅行保険の付帯は当たり前という世界になります。
補償金額も高くなっています。
特徴的なのは空港ラウンジ無料利用サービスが付帯することでしょう。
各空港にあるラウンジを無料で自由に使えるようになります。
このサービスはゴールドカード以上の種類にならないと、付帯しないクレジットカードのサービスです。

・ステータスはある
クレジットカードホルダーの中でも、ゴールドカードを発行している人はまだまだ少ないです。
そのため希少性があり、ステータスを感じられる種類のクレジットーカードです。
しかし低年会費ゴールドカードやヤング向けゴールドカードが登場したことにより、ステータスは下がってしまったとも言われています。
ステータスを求めるなら、一般ゴールドカードを目指すのが良いでしょう。

ゴールドカードは種類により、立ち位置が異なるクレジットカードと言えます。
比較的ラクに発行したいなら低年会費ゴールドカード、10代~20代でもゴールドカードが欲しいならヤング向けゴールドカード、ゴールドカード本来のステータスやサービスが欲しい場合は一般ゴールドカードを選ぶのがおすすめです。