クレジットカード発行元の種類と特徴

10b27ba14d278c44fc4346805bd9c687_m

クレジットカードにはいくつかの発行元があります。
銀行系、信販系、流通系、EC系、交通系、ガソリン系、消費者金融系などの種類があり、発行元により特徴があります。

・銀行系クレジットカード
三井住友VISAカードや三菱UFJニコスが銀行系の種類となるクレジットカードになります。
審査は発行元の中では一番厳しいと言えるでしょう。
ステータスも高くおすすめではあるのですが、ポイント還元率が低いクレジットカードが多いのが難点です。

・信販系クレジットカード
セディナカード、オリコカード、ジャックスカードなどが信販系の種類となるクレジットカードです。
近年はポイント還元率が高いなど魅力的なクレジットカードを何種類も発行しており、注目されている発行元です。
審査は銀行系よりは緩めですが、厳しい種類に入るかもしれません。

・流通系クレジットカード
イオンカードやセブンカード、エポスカードなどのクレジットかカードが、流通系の種類となります。
近年は勢力を拡大している発行元であり、種類も多くなっています。
割引などの特典があり、お得度が高いのが特徴です。
審査は比較的甘く、誰でも発行されやすい種類のクレジットカードでしょう。

・EC系クレジットカード
楽天カードやYahoo!JAPANカードが、EC系クレジットカードの種類です。
年会費無料でポイント還元率が高いという特徴があり、現在最も人気が高いクレジットカードの種類と言えるかもしれません。
審査は流通系と同じく、比較的通りやすいです。

・交通系クレジットカード
JALカード、ANAカード、ビューカードなどが交通系クレジットカードの種類となります。
フライトや電車でお得になるクレジットカードで、移動が多い方におすすめです。
審査は流通系よりも厳しめとなっているようです。

・ガソリン系クレジットカード
ENEOSカード、まいどプラスカードなどがガソリン系の種類となるクレジットカードです。
ガソリン価格が割引になるのが主なサービスですが、ロードサービスあるものもあります。
ドライバーがお得になるクレジットカードでしょう。

・消費者金融系クレジットカード
消費者金融発行のクレジットカードは、現在ACマスターカードのみとなります。
1種類しかないということになりますね。
消費者金融系クレジットカードは、とにかく審査が甘いことで知られています。
審査が不安ならば、最もおすすめな種類のクレジットカードです。