プロパーと提携2種類があるクレジットカード

7a3312347af2843ba398140b0f716ca6_m

クレジットカードには、プロパーと提携の2種類があります。

プロパーのクレジットカードとは、クレジットカード会社がどことも提携せずに発行しているものになります。
一方提携クレジットカードは、クレジットカード会社とどこかの企業が提携して発行しているものです。
同じ発行元でも、プロパーと提携が混在しています。

たとえば三井住友VISAカードなら、三井住友VISAクラシックカードや三井住友VISAアミティエカードなどがプロパーとなります。
ANAカードはANAと、AmazonマスターカードはAmazonと提携発行されているので、提携クレジットカードとなります。
JCBカードならJCB一般カード、JCB EITはプロパーカードです。
JALカードはJALと、ベルメゾンメンバーズカードJCBはベルメゾンと提携さしており、提携カードとなります。
同じ発行元でもプロパーと提携、2種類が混在しているのはややこやしいですね。

プロパーカードの特徴

・年会費有料
プロパーカードは一般の種類のクレジットカードでも、年会費有料となってしまうことが多いです。
クラシックカードだと1,000円程度の年会費となるでしょう。
ただ学生向けやリボ払い専用クレジットカードなど、特殊な種類のクレジットカードは年会費無料のものもあります。

・ランクが高いクレジットカードを発行しやすい
プロパーカードはクラシックカード、ゴールドカード、プラチナカード…と種類が用意されており、徐々にランクアップさせることができやすいです。
利用状況が良ければクレジットカード会社からインビテーションをもらうこともできます。

・ステータスがある
クレジットカードの発行元の顔となるプロパーカードは、提携カードよりもステータスを感じることができます。
どこで利用しても恥ずかしくない種類のクレジットカードでしょう。

提携カードの特徴

・特典が多い
提携カードは提携先で使うと割引などの特典が多いのが特徴です。
スーパーやガソリンスタンドなどで割引きがあると、日常生活で節約ができてお得です。
持っていると損をしない種類のクレジットカードでしょう。

・審査に通りやすい
提携先のサービスを使って欲しいために発行されている提携カードは、審査がそれほど厳しくない傾向にあります。
比較的発行できる人の範囲が広い種類のクレジットカードです。
審査が不安であればプロパーカードよりも、提携クレジットカードがおすすめとなります。