支払方法が限定される種類のクレジットカード

5f16f1d95f0d66d495311e41ae1d997e_m

クレジットカードの種類には、支払い方法が限定されているものがあります。
それがリボ払い専用クレジットカードです。
支払い方法は自動的にリボ払いとなり、一括払いや分割払いをすることはできません。

クレジットカードのリボ払いとは、毎月決まった金額を支払って行く方法です。
毎月1万円なら支払えるというなら、1万円に設定しておきましょう。
そうすればクレジットカードの支払が、家計に響くことがなくなります。
お金に余裕がないときは、便利なクレジットカードの種類です。

リボ払い専用クレジットカードの特徴

・ポイント還元率が高い
リボ払い専用クレジットカードは、通常よりポイント2倍、3倍となることが多くなっています。
ポイント還元率は1.5%以上になるクレジットカードもあります。
ポイント還元率0.5%と比べると、かなりお得です。
ポイントをためやすいクレジットカードの種類と言えるでしょう。

・年会費の優遇がある
ポイント還元率が高いクレジットカードは年会費有料となることが多いのですが、リボ払い専用クレジットカードのほとんどは年会費無料となります。
年会費無料なので気軽に持つことができます。

・保険付帯がある
リボ払い専用クレジットカードは、海外旅行保険が自動付帯するものがあります。
年会費無料クレジットカードは、保険付帯がないものも多いです。
付帯していても利用付帯となることほとんどですので、リボ払い専用クレジットカードはお得です。
ちなみに利用付帯とは、旅行の代金をそのクレジットカードで支払をしない補償がされません。
自動付帯はクレジットカードの会員になっているだけで、補償を受けることができます。

ここまで見ると、リボ払い専用は非常にお得な種類のクレジットカードのように感じられます。
しかし使い方を間違えると、支払いが困難になり大変なことになりますので注意してください。
リボ払いは利用残高が減りにくく、残高がどんどん増えていきがちです。
調子に乗って使っていると、いつまでも支払いが終わりません。
またリボ支払い手数料が発生するので、支払い金額が多くなるというデメリットもあります。
こういったリスクを踏まえて使わないと支払い遅延や滞納につながりやすく、危険なクレジットカードの種類とも言えます。

リボ払い専用クレジットカードは、初回全額支払いに設定して使うのがおすすめです。
初回リボ手数料無料であれば、利用金額に手数料が加算されることはありません。