クレジットカードで追加発行可能なカードの種類

a8f5dde5ab70917635a8316360293c1c_m

クレジットカードは、追加で発行できるカードがあります。
クレジットカードの申込時に同時発行したり、クレジットカード発行後に申込みをして発行します。

クレジットカードで追加発行できるカードの種類

・ETCカード
有料道路の料金所をノンストップで走行できるカードです。
ETC割引があり走行料金がお得になるので、ETCカードを発行する方が増えているようです。
ETCカードの利用金額は、追加発行したクレジットカードでの支払いとなります。
クレジットカードとは別に年会費や発行手数料が必要になるETCカードもあります。
おすすめなのは年会費も発行手数料も無料のETCカード。
セゾンカード、イオンカード、JCBカードなどのETCカードは、年会費無料、発行手数料とも無料で追加発行することができます。

・家族カード
本カードの家族にのみ発行可能となる種類の追加カードです。
発行できるのは親、子、配偶者に限定しておし、家族でも同一家計ではない、姓名が異なるといった場合は家族カードは発行できないクレジットカードが多いです。
家族カードの利用分は、本カードと一緒に請求がされます。
家族に利用状況が筒抜けとなりますので、こっそり買い物をしたい…というときには向かないでしょう。
また家族カードは、ほぼ審査がないクレジットカードの種類でもあります。
ブラックで自力ではクレジットカード審査に通ることができない…という人も、家族カードなら発行できる可能性が高くなります。

・ビジネスカード
ビジネスカードは個人事業主向けとなる種類のクレジットカードです。
プライベートとビジネス用の支出を分けたい場合におすすめです。
追加発行したクレジットカードは別に、年会費が必要となります。
ビジネスカードの追加発行可能なクレジットカードでは、楽天プレミアムカードが有名です。
ただビジネスカードを追加発行できるクレジットカードの種類は、あまりないのが現状です。

・電子マネーのカード
電子マネーが初めから付帯しているクレジットカードの種類も増えていますが、クレジットカードとは別に追加発行できる場合もあります。
QUICPayやiDなどを発行し、利用分は追加発行したクレジットカードで請求されるというシステムです。
ただクレジットカードと電子マネーの2枚持ちをしなくてはならず、お財布がかさばってしまうのが気になる…という人も多いです。
それならば電子マネー付帯のクレジットカードを選んだ方が良いでしょう。