ヤング向けとなる種類のクレジットカード

5b1b4d0520faf07cc5b20ff88393a42a_m

クレジットカードには、若い世代向けの種類となるクレジットカードがあります。
ヤング向けとも言われているクレジットカードです。

ヤング向けクレジットカードには、いくつか種類があります。

・学生専用クレジットカード
発行対象を学生のみに絞ったクレジットカードです。
大学生、短大生、専門学校生、大学院生などが発行できます(18歳以上であっても高校生は不可です)。
現在は学生でもクレジットカードはあった方が良いでしょう。
インターネット決済がしやすくなりますし、一人暮らしなら光熱費などの支払いに便利です。
またクレジットカードは海外に行くなら欠かせないものですので、卒業旅行や留学時などに必要になるでしょう。

・10代・20代専用クレジットカード
学生専用クレジットカードと異なるののは、社会人でも発行が可能な種類であることです。
新社会人を機に、クレジットカードを発行するケースも多いです。
最初の1枚として、おすすめとなる種類のクレジットカードです。

・10代・20代専用ゴールドカード
以前は30歳以上でなければ発行が難しかったゴールドカードですが、今は若い世代向けに発行されるゴールドカードが登場しています。
一般ゴールドカードよりも審査に通りやすく、年会費も低くなっているのが特徴です。

ヤング向けクレジットカードは、優遇されている点が多々あります。
年会費無料が多く、年会費負担を最小限に抑えることができます。
またポイント還元率が高くなっており、ポイント2倍は当たり前といった感じです。
旅行保険などのサービスも、手厚くなっているクレジットカードが多くなっています。
若い世代は一般向けのクレジットカードよりも、お得になる種類のクレジットカードでしょう。

クレジットカード会社がヤング向けとなる種類のクレジットカードをわざわざ発行しているのは、10代~20代前半の会員を増やしたいという思惑があるためです。
若い会員は先が長く、これからたくさんクレジットカードを使ってくれる可能性があります。
魅力が高いクレジットカードを発行して、若いうちから長く自社のクレジットカードを使って欲しいということなのです。

学生専用クレジットカードなら卒業後、10代・20代専用クレジットカードなら30歳になると、会員資格がなくなります。
自動的に一般の種類となるクレジットカードに切り替えとなり、一部ヤング向けゴールドカードに切り替えとなる場合もあります。