クレジットカードにはいくつかランクがあります。
一般的な種類となるのが、クラシックカードです。
クレジットカードというと、この種類を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

クラシックカードの特徴(参考サイト::クレジットカードの達人

・年会費が低い
年会費は低く1,000円~3,000円程度に設定されていることが多いです。
このくらいであれば、金銭的に大きな負担を感じずにクレジットカードを持つことができるのではないでしょうか。
またクラシックカードには、年会費無料クレジットカードも多いです。
年会費が無料だと、気軽に発行することができるでしょう。
サブのクレジットカードとして持つのもおすすめです。

・サービスは寂しい
クレジットカードにはさまざまな種類のサービスが付帯しています。
しかしクラシックカードは、あまり充実はしていません。
付帯していても海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険などとなります。
ただ付帯していても補償額が低めになっていたり、保険の適用に条件が付いている場合も多くなっています。

・審査に通りやすい
クラシックカードは審査はそれほど厳しくありません。
パートやアルバイトでもOK、学生OK、専業主婦OKなど、発行できる人の範囲が広くなっています。
年収が低い人なども、発行しやすい種類のクレジットカードと言えるでしょう。

・種類が多い
クラシックカードは、たくさんの種類が発行されています。
現在発行されているクレジットカードの大半は、クラシックカードとなっているようです。
クラシックカード以外を見つける方が、難しいと言えるかもしれません。
選択肢が多いと比較検討して自分に合ったクレジットカードを見つけやすいのですが、どれを選んだら良いのか悩んでしまうという点もあります。

・ステータスは低い
クレジットカードのランクの種類では、一番下に位置しています。
そのためステータスを求めることは難しいです。
ステータスが高いクレジットカードが欲しいなら、上のランクとなるクレジットカードを選びましょう。

一般的な種類のクラシックカードは、審査が厳しくなく年会費無料、有料でも低いので、発行しやすいクレジットカードです。
サービスなどは手薄になってしまいますが、普段ショッピングをする程度なら特に不自由に感じることはないでしょう。
まずこの種類のクレジットカードを発行するのがおすすめです。
現在はポイント還元率が高いクラシックカードも増えており、お得度も高くなっています。